ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク用で安心して使う

ウォーターサーバーで赤ちゃん用のミルクを安心して作るための知識

投稿日:2016-01-12 更新日:

「ウォーターサーバーで赤ちゃん用のミルクを作っても大丈夫かな・・・」

粉ミルクの調乳にミネラルウォーターを使わない方がよいと言われていて、赤ちゃん用のミルクを作るときは水道水が推奨されています。
水道水が推奨されている理由のひとつは、日本国内であれば同じような成分になるように調乳されているからです。

日本の水道水はミネラル分が少ない軟水が基準になっているので、ミネラル分が豊富な硬水を使うと必要以上にミネラル分が摂取されるため赤ちゃんに負担がかかります。

ウォーターサーバーで赤ちゃん用のミルクを作るように考えているのであれば軟水を選ぶようにします。

粉ミルクを作るときは清潔にしなければいけません。
調乳に使うお湯は病原菌を殺菌するためにも70℃以上のお湯を使用します。

使いたいときにすぐにお湯が使えるウォーターサーバーは調乳に役立ちます。
ウォーターサーバーを選ぶときに基本性能でお湯の設定温度で70℃以上のお湯が使えるか確認します。

日本の粉ミルクは軟水を基準に作られている

粉ミルクのメーカーによっては「ミネラルウォーターは向かない」と明記してあるものがあります。
赤ちゃんが飲む粉ミルクは成長に必要な成分が入っていてミネラル成分も多く含まれています。
ミネラルは過剰に取りすぎると赤ちゃんに負担をかけてしまうため、調乳に使用する水はミネラル成分が少ない軟水が向いています。

pH及び無機塩類(ミネラル)の目安

  • pH 6~8
  • Mg(マグネシウム)30mg/L以下
  • Na(ナトリウム)42mg/L以下
  • Ca(カルシウム)285mg/L以下
  • K(カリウム)367mg/L以下

※無機塩類(ミネラル)が分からない場合については、下記の目安を参考にお選びください。
硬度(目安)120以下(できれば60以下)

引用 粉ミルクの調乳に使用する水(お湯)について(株式会社 明治)

軟水と硬水はミネラル成分が含まれる量によって分かれます。
日本の基準では100mg/L以上が硬水でそれ以下が軟水とされていて、WHOの基準では120mg/Lになっています。

日本で一般的に飲まれている水道水は軟水なので粉ミルクは軟水のミネラル成分を参考にして作られています。
各自治体で発表されている水道水の成分の数値を参考にするとカルシウムの量は10~100㎎/Lで、pH値では5.8~8.6ぐらいの値なので、この数値と大幅に違う水は向いていません。

ミネラルウォーターで粉ミルクを作るときは硬度60mg/L以下の軟水が良いとされています。
ウォーターサーバーの水を粉ミルクで使用するのであれば硬度60mg/L以下の水を選びます。

硬度60mg/L以下の軟水を使ったウォーターサーバー一覧

メーカー 水の名前 硬度 pH値 カルシウム
コスモウォーター コスモウォーターの天然水[天然水]
(採水地京都)
30 6.9 8
プレミアムウォーター 富士吉田(12L)[天然水] 25 8.3 6.4
富士吉田(7L)[天然水] 46 7.7 11
南阿蘇[天然水] 36 7.5 8.9
うるのん さらり[天然水] 29 8.1 8
アクアマジック
ワンウェイ
知床の夢物語[RO水] 13 7.3 1.2
沖縄の夢物語[RO水] 55 7.3 0.6
クリクラミオ 富士の天然水[天然水] 49 8.2 12
アクアクララ アクアクララ[RO水] 29.7 7.3 9.8
キララ 富士の天然水[天然水] 28 8.2 7.1
アルピナウォーター アルピナウォーター[RO水] 1 - 0.2
クリクラ クリクラのRO水[RO水] 30 - 6.6
フレシャス FRECIOUS富士[天然水] 21 8.3 5.7

※硬度とカルシウムの単位はmg/L

調乳には70℃以上で使用できるウォーターサーバーを使うことが重要

調乳には70℃以上のお湯を使用します。
これは2007年WHO(国際保健機関)からの「乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドライン」で

70°C 以上にまで冷却した適量の沸騰させた水を、清潔で滅菌済みのコップあるいは哺乳ビンに注ぐ。

とあるように赤ちゃんに対して安全にミルクを与えるためです。
食中毒の原因であるサルモネラ菌は65℃で5分間加熱することで殺菌できます。
70℃のお湯を使う理由はこのように病原菌に対する防御策で、一度沸騰させるのも殺菌処理をするためです。

ウォーターサーバーで使用する水はあらかじめ殺菌処理されたものがボトリングされて届きます。
ウォーターサーバー本体にはお湯を使える機能がついているので設定温度が70℃以上であれば調乳に適していると言えるでしょう。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのミルク用に使うためのまとめ

ウォーターサーバーを安心して使うためのポイント

  • 60mg/L以下の軟水を水を選ぶ
  • 70℃以上のお湯が使えるウォーターサーバーを選ぶ

-, 水の知識

Copyright© ウォーターサーバー選びのポイント , 2019 AllRights Reserved.