ウォーターサーバーをレンタル料金やエコ機能で比較

ウォーターサーバーをレンタル料金やエコ機能で比較

投稿日:2016-04-16 更新日:

レンタル料と電気代はウォーターサーバーを使用するための固定費です。

ウォーターサーバーの固定費はレンタル料と電気代になります。
ウォーターサーバーのレンタル料は水の注文とは関係なく月額でかかる費用で、水をいつでも快適に使えるように、冷やしたり温めたりするには電気を使います。

固定費を抑えるためにはレンタル料と電気代をチェックして、賢くウォーターサーバーを選ぶことです。

「レンタル料は有料か無料か」
「電気代はどれくらいかかる?」
「エコ機能は付いているの?」

固定費に関係するレンタル料・電気代・エコ機能について調べて比較しました。

レンタル料・電気代・エコ機能を比較

メーカー サーバー名 レンタル料 電気代 エコ機能
コスモウォーター
[天然水]
smartプラス 0円 465円
プレミアムウォーター
[天然水]
スリムサーバーⅢ 0円 504円
amadanaスタンダートサーバー 0円 900円
cado×PREMIUM WATER 1,000円 504円
amadanaウォーターサーバー 1,000円 800~1,000円
スリムサーバー 0円 800~1,000円
うるのん
[天然水]
Grande 300円 390円
スタンダードサーバー 0円 1,500円
アクアマジック
ワンウェイ

[RO水]
ロング・ショートサーバー 0円 800円
クリクラミオ
[天然水]
クリクラミオサーバー 0円 700円
アクアクララ
[RO水]
アクアアドバンス 1,500円 350円
アクアスリム 1,000円 1,000円
アクアスリムS 1,000円 1,000円
キララ
[天然水]
スマートサーバー 1,200円 -
アルピナウォーター
[RO水]
エコサーバー 872円 650円
スタンダードサーバー 572円 1,000円
クリクラ
[RO水]
クリクラサーバー 0円 1,000~1,300円
クリクラ省エネサーバー 0円 535円
フレシャス
[天然水]
フレシャス・デュオ 500円 330円
フレシャス・デュオミニ 500円 490円
フレシャス・スラット 900円 380円
フレシャス・サイフォンプラス 0円 680円
フレシャス・サイフォンスリム 0円 680円

レンタル料は天然水では無料、RO水では有料が定番

天然水のウォーターサーバーはレンタル料が無料が定番ですが中には有料のものがあり、RO水ではレンタル料が有料の方が定番ですが無料で使えるものもあります。

レンタル料が必要になる天然水のウォーターサーバーは、プレミアムウォーターの『cado×PREMIUM WATER』・『amadanaウォーターサーバー』と、うるのんの『Grande』、キララの『スマートサーバー』、フレシャスの『フレシャス・デュオ』・『フレシャス・デュオミニ』・『フレシャス・スラット』です。

フレシャスのウォーターサーバーは前月の水の使用量によっては無料になるので、水を多く使う家庭だと、無料で使用できでしょう。

RO水のウォーターサーバーブランドの中でレンタル料が無料で使えるのはコスモウォーターアクアマジックワンウェイクリクラになります。

レンタル料が有料 [天然水]

プレミアムウォーター

  • cado×PREMIUM WATER
  • amadanaウォーターサーバー

うるのん

  • Grande

Kirala(キララ)

  • スマートサーバー

フレシャス

  • フレシャス・デュオ
  • フレシャス・デュオミニ
  • フレシャス・スラット

レンタル料が無料 [RO水]

人気ウォーターサーバーのエコ機能

家電では今や当たり前のエコ機能。ウォーターサーバーもエコ機能を搭載しているものがあります。
各社のエコ機能の特徴をまとめました。

コスモウォーターの「smartプラス」はエコモードで最大60%OFF

smartプラス」のエコ機能はフロントパネルにあるエコボタンをお出かけ前やおやすみ前に押すことで、消費電力を最大60%削減します。エコボタンを押さない時でも従来比で消費電力の50%削減します。

プレミアムウォーターは光センサーで電気代をカット

プレミアムウォーターのエコ機能は光センサーを搭載して部屋の明かりを感知して自動で消費電力を抑えます。
室内が暗くなると、温水の設定温度を低くして電力を削減します。

うるのんの「Grande」はエコモードで電気代を15%削減

「Grande」のエコ機能は長時間、水やお湯を使わない時間帯に背面にあるエコスイッチをオンにすると光センサーが有効になり、部屋が暗くなると省エネモードになります。

通常の温水の85℃から65℃に下げて約15%電気代を削減します。

アクアクララの「アクアアドバンス」はダブル省エネモードで最大約65%の消費電力を削減

アクアクララの「アクアアドバンス」は使用していない時間帯の温水温度を低下させ消費電力を削減します。

キララの「スマートサーバー」は背面の操作ボタンでエコモード運転に切り替え

キララスマートサーバーのエコモード機能は、背面の操作ボタンを押して設定します。留守になる時間や夜間などで、しばらくウォーターサーバーを使わないときにエコモードにしておけば電気代を節約できます。

エコモードは水温・湯温の設定温度を変えることで消費電力を抑えます。

アルピナウォーターの「エコサーバー」は従来品より最大約47%も省エネ

アルピナウォーターの「エコサーバー」は通常運転でもスタンダードサーバーに比べて約35%の消費電力をカットしています。さらに、ECOモードを利用すると7~10%の節電効果があり最大42%の省エネを実現しています。

クリクラの「クリクラ省エネサーバー」は電気代を最大58%削減

従来品から省エネ性能をアップさせた「クリクラ省エネサーバー」は電気代を最大58%削減しました。温水タンクの保温性と熱効率を向上させてクリクラサーバーよりも大幅に電気代を抑えたサーバーになっています。

フレシャスは全てのサーバーがエコ機能搭載モデル

フレシャスの5種類あるウォーターサーバーは全てエコ機能が搭載されています。その中でも「フレシャス・デュオ」はSLEEP機能・エコモード・デュアルタンクと3つのエコ機能で従来品に比べ70%以上の電気代をカットしました。

エコ機能でおすすめのウォーターサーバー

フレシャス [天然水]

  • 富士山の標高1000mで採水したバナジウム入りの天然水
  • 業界最軽量7キロの使い捨てウォーターパック方式
  • 使用後は小さく畳んでゴミ箱に捨てるだけ
  • 全国送料無料(沖縄を含む一部地域を除く)
水の種類 500ml換算 送料
天然水 80~99円(税別) 無料
配送エリア レンタル料 電気代
全国 0~900円(税別) 約330~680円

-サーバー, 比較

Copyright© ウォーターサーバー選びのポイント , 2019 AllRights Reserved.